定期通販にまつわる法律

定期通販にまつわる法律 定期通販を利用する場合は、様々な法による制限があります。例えば、海外からの輸入を考えてみると、個人輸入の場合には定期購入をするといっても法律により制限が定められており、人の分まで購入することができない決まりになっています。

ちなみに個人輸入をわざわざする理由は、日本では手に入れることができないEDの薬や毛生え薬などの医薬品を手に入れるためです。基本的に、日本では個人で購入することができませんがインターネット上の場合には国境が明確でないため特に法律は適用されないとされています。とは言え、個人で購入するときに適用されないだけで、全く適用されないかと言えばそのような事はないです。

定期通販の場合には、他人のものも一緒に購入してしまうとそもそも決まりを逸脱することになるでしょう。誰か1人にお願いすれば、その人が大量に購入することができるようになり、脱法になるだけでなくその人が商売を始めることができてしまう恐れもあります。

定期通販を解約する上で知っておきたい注意点とは

定期通販を解約する上で知っておきたい注意点とは 定期通販はそのつど注文する必要がないので非常に便利なシステムですが、知っておきたい注意点があります。解約に際して利用規約に接触する可能性があり、違約金が発生するケースがあることです。また定期通販には縛り回数が存在することがあり、例えば4回以上の注文が必須などの決まりがあることが少なくありません。初回価格は激安設定になっていても、4回の注文をトータルするとそれほど安くないというケースがありますので、総費用として調べておく必要があるでしょう。

そもそも縛り回数のある定期通販は、原則として途中で解約できないです。定期コースを選択するときは、縛り回数が設定されていないか確認しておく必要があります。最近は縛り回数なしの定期通販が増えてきましたが、一昔前まではサプリメントやスキンケア用品を中心に数多くありました。現在でも皆無ではありませんので、必ず最低注文回数を確認しておきましょう。商品ページの項目には小文字で記載されていることが多いので、ここはよくチェックしておく必要があります。